20代から20年以上乾燥肌に悩んでいますが、30歳のころから始めた美容法です。一言でいうと「朝は顔を洗わない!」です。夜にしっかりと汚れを落とすことが前提ですが、夜寝ているうちに皮膚から出る皮脂膜(肌を乾燥などから守ってくれる膜)を朝の洗顔などで落としすぎないようにします。洗う代わりに「コットン洗顔」をします。コットンにしっとりタイプの化粧水を含ませ、そのまま軽く顔を拭きとって、汗やほこりだけを落としながら肌を潤します。35歳くらいからは更に乾燥が進んできたため、コットン洗顔時に化粧水にスクワランオイル(化粧用オイルならなんでもOK)を少量たらして混ぜ、それで顔を軽く拭き取るようになりました。真夏の汗を激しくかいた夜の翌朝などはべたべたをすっきりさせたいので、コットン洗顔ではなく、顔を洗ったりもしますが、水だけで2,3度パシャパシャと顔にかける程度です。朝の洗顔を気を付けるようになってからは、夕方の肌のかさつきが少なくなったように思います。http://wordpressbusinessconsultant.com/

わたしにとってものすごく嫌な季節がやってきました。きっとこの季節を嫌うのはわたしだけではないと思います。大半の女性の皆さんは外にでる際、メイクをするかと思います。がしかし、この季節、皮脂の分泌が激しく、毛穴から大量の汗も出てきます。「皮脂に強い」「汗に負けない」と書かれている化粧品を買っても、正直、無理です。汗は収まらないし、余裕で崩れます。崩れたメイクを直し続けて、毛穴は悪の巣窟かのようにゴミでつまってしまい、肌荒れがとまらない。いくら、ケアしてあげても毎日、こんなんだから嫌になっちゃいます。そこで、わたしは、メイクしても無駄だと悟り、メイクしなくてもいいように、または薄塗りでも大丈夫なように、崩れないメイクを研究するのではなく、美しいスッピンを作り上げるように、スキンケアに全力を注ぐようになりました。フェイススチーマーを買ったり、オーガニックコスメを試してみたり、、そこで気づいたのですが、若いうち限定だって言われるかもしれませんが、スッピン生活も悪くないのです。とりあえず、リップと眉毛だけ整えたら、なんとかなります。わたしはこの夏、スッピンで頑張りたいと思います。しろ彩 最安値