以前から脚の太さがコンプレックスだった私ですが、

先日たまたま仕事でスーツを着た時に、

ナント、今まではけていたパンツが、みっともないくらいピチピチに…(泣

とってもショックを受け、ダイエットをはじめました。

しかし、食べないと仕事の効率が落ちるし、頭が働かなくなっちゃうしで、

食べないダイエットはやりたくない、そんな思いから、

筋トレで体を引き締めることにしました。

サッカーの長友選手が行っている体幹トレーニングを参考に、

毎日地道に続けること早3か月…

ついに!60�p以上あった太ももが、

ナント、58�pにまで落ちたのです!

そしてヒップも80�p台に☆

頑張って続ければ、キチンと成果は現れるもの。

これからも頑張って続けていこうと思います!シルキークイーン 口コミ

私は学生の時代から、反抗期が物凄く酷くて、父親が大嫌いでした。とても憎んでいて、自由を私に与えてくれず、私のことをダメ人間扱いして見下してくる父親が心の底から大嫌いでした。どうしても20歳超えても、感謝も出来ないし、憎しみばかりあるし、大嫌いだし、気持ち悪いし、近づけない存在でした。周りの友達は、年齢が上がるにつれて、両親に感謝する様になっていって、私はその気持ちが全然理解できずに苦しみました。しかし、27歳になった今でも時々大喧嘩をします。だけれども、自分を見つめ直して考え方を変えられるようにいろんな本を読んだり、父自身が自分自身を反省してお互いに気持ち的に歩み寄ったら、少しずつではありますがとても仲良く会話が出来るようになりました。今では父親の笑顔を見ることがとても幸せに感じるし喜びでもあります。これからも、二人で仲が悪かった時間を埋めるためにももっともっと仲良くしていきたいです。コンブチャクレンズ 最安値

蒸し暑い日々が続くと、家事も億劫になってしまう私。

掃除や片づけは好きだから、効率よくこなしたいけれど、暑くなるとどうしてもダラダラやってしまう。

それが嫌で、今日も午前中からエアコンつけてしまった。

エアコンを付ければ、快適に家事もこなせるし、料理だって気合が入る!

揚げ物料理を作るのだって全然苦痛じゃない!

人類の偉大な発明品、エアコン!

でも、いつもエアコンをすぐつけてしまうことに罪悪感が。

電気代もそうだけど、CO2を排出してしまうという、申し訳ない感が生まれてしまって。

周囲に聞いてみると、なんとか夕方まで我慢してやっと夕飯の準備の時につけ始めるとか、冷え性だからエアコン嫌い、とか様々。

みんな、偉い!

それに比べて私はなんて我慢強くないんだ…。

もともと、汗が出にくい体質だから、身体に熱がこもってすぐ顔が真っ赤になってしまうタイプ。

ちょっと体質改善でもして、汗がだらだらと流れ落ちるようになれば、爽快感とかがあるのかな。

部活とかも真面目にやってこなかったから、額から汗がタラ〜なんてこともほとんどなかった私。

明日は、汗をかきやすい体質になる方法を調べようっと!エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム 最安値

20代から20年以上乾燥肌に悩んでいますが、30歳のころから始めた美容法です。一言でいうと「朝は顔を洗わない!」です。夜にしっかりと汚れを落とすことが前提ですが、夜寝ているうちに皮膚から出る皮脂膜(肌を乾燥などから守ってくれる膜)を朝の洗顔などで落としすぎないようにします。洗う代わりに「コットン洗顔」をします。コットンにしっとりタイプの化粧水を含ませ、そのまま軽く顔を拭きとって、汗やほこりだけを落としながら肌を潤します。35歳くらいからは更に乾燥が進んできたため、コットン洗顔時に化粧水にスクワランオイル(化粧用オイルならなんでもOK)を少量たらして混ぜ、それで顔を軽く拭き取るようになりました。真夏の汗を激しくかいた夜の翌朝などはべたべたをすっきりさせたいので、コットン洗顔ではなく、顔を洗ったりもしますが、水だけで2,3度パシャパシャと顔にかける程度です。朝の洗顔を気を付けるようになってからは、夕方の肌のかさつきが少なくなったように思います。http://wordpressbusinessconsultant.com/

わたしにとってものすごく嫌な季節がやってきました。きっとこの季節を嫌うのはわたしだけではないと思います。大半の女性の皆さんは外にでる際、メイクをするかと思います。がしかし、この季節、皮脂の分泌が激しく、毛穴から大量の汗も出てきます。「皮脂に強い」「汗に負けない」と書かれている化粧品を買っても、正直、無理です。汗は収まらないし、余裕で崩れます。崩れたメイクを直し続けて、毛穴は悪の巣窟かのようにゴミでつまってしまい、肌荒れがとまらない。いくら、ケアしてあげても毎日、こんなんだから嫌になっちゃいます。そこで、わたしは、メイクしても無駄だと悟り、メイクしなくてもいいように、または薄塗りでも大丈夫なように、崩れないメイクを研究するのではなく、美しいスッピンを作り上げるように、スキンケアに全力を注ぐようになりました。フェイススチーマーを買ったり、オーガニックコスメを試してみたり、、そこで気づいたのですが、若いうち限定だって言われるかもしれませんが、スッピン生活も悪くないのです。とりあえず、リップと眉毛だけ整えたら、なんとかなります。わたしはこの夏、スッピンで頑張りたいと思います。しろ彩 最安値